家婚式  2012.4.8
e0223771_2048344.jpg

今日は友人でもあり、仕事の良きパートナーでもあるKnvvの熊谷さんの結婚式が行われ、出席させて頂きました。場所は浅草の料亭「茶寮 一松」さんです。

e0223771_20493019.jpg

タイトルにも書きました家婚式。結婚式では?と思われる方もいらっしゃいますよね。その昔、結婚式を祝言(しゅうげん)と呼んでいた頃、祝言は花嫁の家で行われていました。花嫁の家に婿方から嫁迎えに行き、そこで行う祝言の事を家婚式と呼んでいたそうです。

e0223771_1234949.jpg

披露宴会場も熊谷さんらしい素敵な会場です。

e0223771_1243360.jpg

春らしく、所々に桜の花が飾られていました。満開の桜が咲き誇る中、二人が結ばれる。
本当に素敵な式でした。ご招待頂き、本当にありがとうございました。

e0223771_125988.jpg

ささやかではありますが、少しでも日頃の感謝とお二人の門出を祝うお手伝いが出来ないかと、本小松という石を使った花器を作らせて頂きました。どうぞ、末永くお幸せに。

e0223771_1252637.jpg

・・・新郎ではありません(笑)
どなたかといいますと、本日の司会を務めて下さった、幇間(ほうかん)の櫻川七助さんです。
幇間とは別名「太鼓持ち」と呼ばれる宴席やお座敷などの酒席において主や客の機嫌をとり、自ら芸を見せ、さらに芸者・舞妓を助けて場を盛り上げる職業で、浅草でも4人しかいないとても珍しい職業なんです。また幇間は芸人の中でも、とりわけ難しい職業で「バカをメッキした利口」でないと務まらないといわれています。 噺家が舞台を「高座」と云うのに対して、幇間はお座敷を「修羅場」と云うほどなんです。


七助さん、ありがとうございました。
by yukuri-ms | 2012-04-08 20:46 | お世話になってる人達
<< 日々是好日-家- 2012.4.9 花まつり  2012.4.8 >>



ゆくりの日々
by かんなパパ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31